弊社の製品は正規品100%保証!認証できないと無条件返品!
  • はじめに
  • <メモ>
    アップグレード対象の PC であることを確認します。Windows 8.1 にアップグレードする場合は、この PC が Windows 7 または Windows 8.1 Preview を実行している必要があります。既に最新バージョンの Windows 8 をインストール済みの場合は、Windows ストアで Windows 8.1 に無償でアップグレードできます。
    Windows 8 にアップグレードする場合は、この PC が Windows 7、Windows Vista、Windows XP with Service Pack 3 (SP3)、Windows 8 Release Preview、Windows 8 Consumer Preview または Windows Developer Preview を実行している必要があります。
    Windows のセットアップでは、Windows 8.1 または Windows 8 をインストールする前に、PC がすべてのシステム要件を満たしているかどうかのチェックが行われます。
    プロダクト キーを手元に用意します。プロダクト キーは、オンライン注文情報、購入確認のメール、または DVD のパッケージに記載されています。プロダクト キーは、次のような形式の 25 文字のコードです。
    XXXXX- XXXXX- XXXXX- XXXXX- XXXXX
    保持する必要があるすべてのもののバックアップを作成します。外部ドライブや DVD など、後でアクセスできる場所に保存します。

    警告:

      Windows をインストールする前にハード ドライブをフォーマットしないでください。Windows 8.1 または Windows 8 のインストールを開始するときに、現在のバージョンの Windows が実行されている必要があります。
  • 操作手順(二つの方法から選んでください)
  • win7、win8をご利用の方

    1.起動画面
    「WindowsSetupBox」exeを右ボダンでクリックし、「管理者として実行」を選択、ご案内通りにインストール可能です。

    [Windows セットアップ] が表示されましたら、[インストールする言語]、[時刻と通貨の形式]、[キーボードまたは、入力形式]、[キーボードの種類] を選び、[次へ] をクリックします。

    下記の画面が表示されましたら、[今すぐインストール] をクリックします。

     下記の画面が表示され、セットアップが開始されます。

    下記の画面が表示されましたら、購入したパッケージに同梱されている英数字 25 桁のプロダクト キーを入力し、[次へ] をクリックします。

    下記の画面が表示されましたら、ライセンス条項をご確認いただき、同意いただけるようでしたら、[同意します] にチェックを入れて、[次へ] をクリックします。

    下記の画面が表示されましたら、[カスタム:Windows のみをインストールする] を選択します。
    ※ Windows Vista もしくは、Windows XP から、Windows 8.1 へのアップグレードでは、[アップグレード:Windows をインストールし、ファイル、設定、アプリを引き継ぐ] は選択できません。

    補足:[アップグレード:Windows をインストールし、ファイル、設定、アプリを引き継ぐ] を選択すると、下記の画面が表示されます。

    下記の画面が表示されましたら、Windows 8.1 をインストールする場所を設定します。
    ※下記は、例として、パーティションが複数作成されている環境を表示しています。以前の Windows がインストールされているパーティションとは別のパーティションを選択すると、以前の Windows と、Windows 8.1 とのデュアルブートを構成することができます。

     以前の Windows がインストールされている [ドライブ 0 パーティション1] を選択すると下記の画面が表示されます。

    Windows 8.1 をインストールするパーティションを選択し、[次へ] をクリックすると、下記の画面が表示され、Windows 8.1 のインストールが開始されます。

    途中で、PC が再起動され, 下記の画面が表示され、インストールが継続されます。

     下記の画面が表示され、インストールが継続されます。

    下記の画面が表示されましたら、Windows 8.1 を選択します。
    補足:既存の Windows とは、別のパーティションに、Windows 8.1 をインストールした場合は、デュアルブート構成がされ、起動時に、下記のオペレーションシステムの選択画面が表示されます。

    下記の画面が表示され、インストールが継続されます。

    下記の画面が表示されましたら、背景色や、PC 名 を設定します。

     下記の画面がでましたら、[簡単設定を使う] もしくは、[自分で設定する] をクリックし、Windows 8.1 の各種設定を行います。

     下記の画面が表示され、アカウントのセットアップが行われます。

     下記の画面が表示されましたら、Microsoft アカウントへのサインインが行えます。Windows 8.1 は、Microsoft アカウントでサインインをして、ご使用いただくことで、様々なメリットがあります。
    Microsoft アカウントをお持ちでない場合は、[新しいアカウントを作る] をクリックして、Microsoft アカウントを作成することができます。

    既に、Microsoft アカウントをお持ちの場合、そのアカウントを入力して、[次へ] をクリックいただくこと、下記の画面が表示されます。
    2 段階認証におけるセキュリティコードの受け取り方法を指定し、[次へ] をクリックします。
    ※ 2 段階認証: FAQ http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/two-step-verification-faq

    下記の画面が表示されましたら、受け取ったセキュリティコードを入力し、[次へ] をクリックします。現在コードの受け取りができない場合は [今は行わない] をクリックします。この操作は Windows 8.1 インストール後にも試みることができます。

     既に、現在サインインしている Microsoft アカウントでサインイン済みの Windows 8 もしくは、Windows 8.1 デバイスがある場合は、下記の画面が表示されます。
    既存の PC の設定をコピーするか、新しい PC として設定するかを選択し、[次へ] をクリックします。

    下記の画面が表示されましたら、SkyDrive を使用するかどうかを選択いただきます。

    下記の画面が表示され、Windows 8.1 のインストールの最終の処理が行われます。

     下記のスタート画面が表示されたら、Windows 8.1 のインストールは完了です。

  • Xpをご利用の方

    【Microsoftの公式サイトより、Windows7または Windows 8.1 Preview がWindows8.1にアップグレードすることができます。もしWindows XPからWindows8.1にアップグレードしたいならアシスタントツールを使う必要があります。UディスクやDVDなどを作って新規インストールをします。(警告:システムを再インストールした後元ファイルが削除されますから,インストールする前にバックアップをしてください。)】 アシスタントツールWindows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JPでWindows8.1の起動メディアを作る方法: まず、自分のXP/VistaパソコンでISOイメージ・ファイルをアシスタントツール「Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP」を利用してUSBあるいはDVD起動デバイスに作成します。そして、インストール可能です。

     

  • *ご使用中に何か不備な点がございましたら、遠慮なく当方に連絡するようお願いいたします